ふるさと納税やり方

ふるさと納税はお早めに!

ふるさと納税とは簡単に言えば地方自治体にお金を寄付して、お礼品がもらえるシステムのことです。
しかも、その寄付したお金のほとんどが翌年の住民税・所得税から控除されます。

 

私の家だとおそらく6万円寄付して5万8千円控除されます。
つまり実質負担2,000円で黒毛和牛、佐賀牛などといった豪華な食事が年に数回楽しめます!
控除金額は収入によって変わりますが、さとふるにて たったの二分で計算できますよ!↓

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは簡単に言えば地方自治体にお金を寄付して、お礼品がもらえるシステムのことです。
しかも、その寄付したお金のほとんどが翌年の住民税・所得税から控除されます。

 

私の家だとおそらく6万円寄付して5万8千円控除されます。
つまり実質負担2,000円で黒毛和牛、佐賀牛などといった豪華な食事が年に数回楽しめます!
控除金額は収入によって変わりますが、さとふるにて たったの二分で計算できますよ!↓


 

豪華な食事をおしゃれなレストランで食べたい場合はふるなびがお勧めです!↓


 

ふるさと納税のやり方

@ふるさと納税サイトに登録を行う
Aお礼品を選ぶ
B寄付を申し込む
Cお礼品を受け取る
D確定申告
ふるさと納税のより詳細なやり方は以下の記事をご参照ください。

@(さとふる編)
ふるさと納税のやり方(さとふる編)
A(ふるなび編)
ふるさと納税のやり方(ふるなび編)

ふるさと納税の税金控除額シミュレーションのやり方

@さとふるへアクセス
A控除額シミュレーションをクリック
Bシミュレーション方法を指定
C必要情報を入力
ふるさと納税の税金控除額シミュレーションのより詳細なやり方は以下の記事をご参照ください。(さとふる編)
ふるさと納税の税金控除額のシミュレーションのやり方(さとふる編)

ふるさと納税体験記

ふるさと納税は常々やってみたいと思っていたのですが、なかなか行動に移せず日々を過ごしていました。
そんな私ですが、実際にやってみた感想を一言でいうと 「とっても簡単!」 (まだ確定申告は完了していないのでちゃんとできているのか少し不安ですが。。。)
やり方は上記の通り、【ふるさと納税の税金控除額シミュレーションのやり方】と【ふるさと納税のやり方】を実践しただけです。

 

初めに【ふるさと納税の税金控除額シミュレーションのやり方】と【ふるさと納税のやり方】をインターネットで調べてみて、
なんとなく『私でも ふるさと納税できそうだ!』という感覚は持てたのですが、肝心な【どこに寄付して】、【何をお礼品にもらうか】ということを決めていませんでした。
なんとなく部屋を見渡すと米びつのお米が半分程度になっていたので「よし!お米だ!」ということになり、
お米部門のランキングで1位だった佐賀県唐津市に寄付をさせていただきました。

 

申し込んでから待つ事約二週間、さっそくお礼品のお米が届きました!
想像していたより早くてビックリ・・・!

 

okometodoita.PNG
【届いたお米】

 

 

10.jpg
そして後日、佐賀県唐津市からお礼状と寄付金受領証明書が届きました。
寄付金受領証明書は念のため確定申告の時期まで大切に保管しておいてくださいね。

【届いたお礼状】

 

お礼品のお米を早速炊いて、食べてみると甘味があり、とてもおいしかったです。
炊き立てであれば白米だけでも美味しくいただけます。

 

毎日食べるお米ですが、スーパーなどで購入すると重くて持ち帰るのが結構大変なので、
15kg分のお米を家まで届けてくれるという点も非常にうれしいですよね。

 

初めてのふるさと納税でしたが、本当に簡単&おいしいお礼品に感激でした。
こんなに簡単ならもっと早くやれば良かった〜!と思うこと間違いなしですよ。
「ふるさと納税やってみたいけど…」とためらっているかたもこの機会に ぜひ、挑戦してみてください!

ふるさと納税Q&A

ふるさとに対してのみ寄付ができるの?

寄付対象とする地方自治体は自分が生まれ育った【ふるさと】以外でも問題ありません。
日本全国どこの地方自治体に対しても寄付を行うことが可能です。(寄付を行っている自治体に限ります)

控除を受けるために何をしなければいけないの?

【ワンストップ特例申請】もしくは【確定申告】のいずれかを行う必要があります。
2015年(平成27年度)よりも前はふるさと納税をした人は全員確定申告をしなくてはいけませんでした。
しかし税制改正法案の成立によって今現在は確定申告をしなくても税金の控除を受けられる【ふるさと納税ワンストップ特例制度】という制度が出来上がりました。
【ふるさと納税ワンストップ特例制度】が利用できる人には条件があります。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用するための条件って何?

以下の5つが条件です。
@会社員である。
A年収が2000万円以下である。
B給料は一か所からしかもらっていない。
C寄付した自治体の数は5カ所以下である
※6回以上ふるさと納税を行っても、寄付先が5自治体以内であれば対象となります。
Dふるさと納税ワンストップ特例制度の申請を行った。

 

この条件に一つでも当てはまらない場合はふるさと納税ワンストップ特例制度を利用することができません。
ふるさと納税ワンストップ特例制度の具体的なやり方に関しては、だいたいのふるさと納税サイトにて記載されていると思いますのでそちらをご参照ください。
※少なくとも私が利用したさとふるにはございました。
とても簡単で10分程度で申請が行えました。

2015年の税制改正法案で変わったことは何?

@ふるさと納税枠が約2倍に!
控除される限度額が住民税所得税の1割→2割に変更されました。
これによりふるさと納税をされる方が今まで以上にふえるのではないかと思います。
今まで以上にふるさと納税を行う人が増えると、目当てのお礼品の競争率が上がるかもしれませんね。
Aふるさと納税ワンストップ特例制度の創設(簡単に!)
先ほど記述した【ふるさと納税ワンストップ特例制度】の導入が行われました。

お礼品の内容は変更されるの?

ふるさと納税は時期によってお礼品が変更されます。
例えば冬の時期はスキー場のチケットがお礼品に現れます。
お米、野菜など収穫時期が決まっているものはその時期に合わせてふるさと納税を行うと良いでしょう。
こまめにふるさと納税のサイトをチェックし、新しい特産品をチェックするのがお勧めです。

ふるさと納税の時期は?

1月〜12月の年単位で控除金額を計算します。
当年の1月〜12月に行ったふるさと納税の確定申告は翌年の2月〜3月に行う必要があります。
ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用した場合は確定申告を行う必要はありません。

 

つまり1月になると次年度の控除とみなされるため、控除金額の上限値は12月31日でリセットされるというわけです。
ただし年末は地方自治体も忙しく、年末年始休暇等もあるため、お礼品が届く時期が想定より遅くなるといった可能性があります。
早めのふるさと納税を行ったほうが良いでしょう。(目安としては12月初旬までにはふるさと納税を終わらせておいたほうが良いでしょう)

希望していたお礼品が在庫切れの場合はどうするの?

人気のある地方自治体は応募多数により、お礼品が品切れになることがよくあります。
次回入荷した時にはぜひ頼みたいですよね?
さとふるでしか確認はしていませんがそういった場合にお礼品の在庫が入荷したタイミングでメールを飛ばしてくれるというサービスがあります。
やり方は簡単でさとふるのふるさと納税のお礼品ページで入荷案内メール申し込みに登録しておくだけです!

ふるさと納税のテクニックまとめ

1月からの早期参戦!

人気のある地方自治体は応募多数により、お礼品が品切れになり、早期に寄付を受け付けなくなることがあります。
なるべく早く、1月などからふるさと納税を行うことをお勧めします。

12月の初旬にはふるさと納税枠を使い切る!

年末は地方自治体も忙しく、年末年始休暇等もあるため、お礼品が届く時期が想定より遅くなるといった可能性があります。
早めのふるさと納税を行ったほうが良いでしょう。

体験型ふるさと納税




お礼品をもらうのではなく、レストランで食事ができるというタイプのふるさと納税が最近できました(2016/10月現在)
たとえば 築地 さとう にて寄付金23,000円で食事ができます。
どんなお店かというと「世界一美味しいステーキ」ベスト10を決める フランスのドキュメンタリー映画「ステーキ・レボリューション」にて世界第三位を受賞したという素晴らしいお店です。
記念日などにはもってこいです。
一度申し込みをしたのですが、やり方を間違えてしまいましたので皆様注意してください。(予約の前にポイント利用申請をしてしまいました。)
やり方は以下のとおりです。
@会員登録をする。
A行きたいレストランを探す。
Bコースに合わせて、寄付金をポイントに交換する(還元率50%)
※20,000円以上からでないと交換ができません。
※20,000円以上であれば2000円単位で交換ができます
例)18,000円→ダメ 22,000円→OK

なので金額コース金額をしっかり見定めてポイント交換をしましょう。
※コースに該当する納税先のポイントに交換しないと利用できません。
C電話予約をする。
ポイント利用申請を先にしてはダメです
Dポイントの利用申請を行う
E確定申告、ワンストップにて控除の申請をします。
詳しくはふるさと納税のやり方(ふるなび編)をご覧ください。

最近のお勧め記事

@ふるさと納税 お礼品 和牛ランキング


記事はこちら
和牛ランキング(こちらのサイトを参考にさせていただきました)をもとに、TOP7の和牛がどのふるさと納税サイトからお礼品としていただけるかを調査いたしました。
宮崎牛などをご紹介させていただいています。

Aふるさと納税 お礼品 日本酒ランキング


記事はこちら
日本酒は日本全国全国各地にあり、ふるさと納税を行うにうってつけのお礼品だと思いませんか!?
ということで日本酒ランキングを作ってみました。
なんと!あの!獺祭があります!
人気のお礼品ですぐなくなってしまうので見つけたときはお早めに!


 

Bふるさと納税 お礼品 ビール


記事はこちら
一人暮らしだし、肉頼んでも余るし、自炊もしないし。。。
という方におすすめのふるさと納税のお礼品はビールだと思います。
アサヒ、サッポロ、キリン、サントリーなどのビールがどのふるさと納税サイトからお礼品としていただけるかを調査いたしました。


 

Cふるさと納税 お礼品 リフト券


記事はこちら
スノボ、スキーをする方にとってはリフト券代ってバカにならないですよね。
そんな方にお勧めなふるさと納税のお礼品がリフト券です。
ハンターマウンテン塩原や舞子スノーリゾートなど様々なスキー場のリフト券がふるさと納税のお礼品としていただけます。
ほとんどが冬の時期のみお礼品を受け付けています。


ふるさと納税で扱っているお礼品のご紹介

ふるさと納税で扱っているお礼品をいくつかピックアップしました。
※2016年8月現在の紹介記事ですので、すでになくなっているお礼品もあるかもしれません。

 

消耗品のお米!


多くの方がふるさと納税を初めてするときはお米を頼むみたいですよ!
理由はお米はいくらあっても困らない!ということみたいです。
実際私も一番初めはまずお米をお礼品にしている自治体にふるさと納税をしてみました。
私のときは、ふるさと納税をして約2週間程度でお礼品が届きましたよ。
さとふるでのお米に関するお礼品はこちらをご覧ください。


 

ぜいたくな食事に!A5ランクのお肉


ふるさと納税をすれば、その選択肢を知らなかったら支払うはずだった税金が控除されます。
その分ぜいたくしてもいいんじゃないですかね!?
ということでA5ランクのサーロインのお肉なんかはいかがでしょうか?
私もこのお礼品を頼みました。重すぎず、脂っこすぎずとてもおいしかったです。
ガーリック塩、ポン酢、しょうが、わさび、マヨネーズなどいろいろとつけて食べましたが一番のお勧めはわさび!
結構たっぷりめにつけて食べるのがお勧めです!
実際届いたものの写真などをこちらの記事にアップしているのでもしよろしければご覧ください。


 

日本っぽいお礼品例けん玉


日本っぽいお礼品も多々あります。例えばけん玉です。左の写真のお礼品は吟味した国産けやき材を用いて、丁寧に作られたけん玉です。お礼品ページはこちらです。
私の小学校にはなぜかけん玉部というのがありいろいろなけん玉の技のやり方を教わった覚えがあります。
その中からおひとつテクニックをお教えします。けん玉の先にたまを刺すとめけんを簡単なやり方があります。
回しけんというらしいのですが、球を回すことにより遠心力が発生し、穴が下に向いた状態になります。
このやり方を知ってけん玉の先にカシャっと球が刺さった時は感動しましたね。

更新履歴