ふるさと納税やり方

ふるさと納税の成り立ち、税金の使われ方などの知識に関することをご紹介いたします。

ふるさと納税の知識記事一覧

第一に、納税者が寄附先を選択する制度であり、選択するからこそ、その使われ方を考えるきっかけとなる制度であること。それは、税に対する意識が高まり、納税の大切さを自分ごととしてとらえる貴重な機会になります。第二に、生まれ故郷はもちろん、お世話になった地域に、これから応援したい地域へも力になれる制度であること。それは、人を育て、自然を守る、地方の環境を育む支援になります。第三に、自治体が国民に取組をアピ...

お礼品をふるさと納税という仕組みを通していろいろな人に見てもらうことができ、特産品と地域の認知が全国的に高まりました。特産品の多くは一次産業(肉など)でそれらを扱っている事業者の所得が増えました。ふるさと納税によって自治体は新たな財源を手に入れられ、様々な事業に投資を行うことができました。まさにふるさと納税の目指すべき姿を実現できています!(総務省が定義したふるさと納税の三つの意義が満たされつつあ...

ふるさと納税は実施者にとっては 安価にお礼品がもらえ、社会貢献ができる。自治体にとっては 集めた財源をもとにいろいろな活動が行える。という2つの良い効果が見込めます。ある調査によると日本のほとんどの方ははふるさと納税というものを知っているにもかかわらず2割程度の方しかふるさと納税を実施していないようです。その理由のほとんどが手続きがめんどくさい確定申告がめんどくさいらしいです。せっかくの良い制度な...

2016年12月14日(水) 銀座一丁目駅にふるさと納税自販機が登場しました。全国各地14種類の水が現在用意されており、飲料水を購入できます。そのごQRコードやICタグをスマホで読み取ることによりふるさとチョイスのサイトにつながりより手軽にふるさと納税が行えるようになっています。近々銀座一丁目に行き、写真でも撮ってこようかと考えております。

MoneyFowardクラウド給与に2016年にふるさと納税金額を提案する機能が追加されました。通常の家計簿MoneyFowardの機能ではないため、経営者向けの記事となります。年収や家族構成によってふるさと納税の控除金は異なり、複雑になってるということでこの機能が追加されたようです。自分で年収等を入力する手間がなく、ふるさと納税の控除金額が分かるのであれば楽ですよね。とはいえ、ある程度の給与目安...

ふるさと納税でワンストップ申請を申し込まなかったため、自力で確定申告をしてみました。結構難しいのかな。。。とおもいつつやってみたのですが、30分程度で作成ができましたのでやり方をご紹介いたします。手順は以下のとおりです。@国税局のホームページへアクセスします(確定申告書等作成コーナー)A手順に沿って書類を作成こちらが画面キャプチャもありかなり参考になります。B印刷する。C寄付金受領証明書を台紙に張...