ふるさと納税のやり方(ふるなび編)

ふるさと納税のやり方(ふるなびグルメポイント編)

ふるさと納税をしてレストランで和牛がたべられる!ふるなびグルメポイントの使い方を画像付きでお教えします。


 

会員登録から食事までの流れ

 

@会員登録をする。
A行きたいレストランを探す。
Bコースに合わせて、寄付金をポイントに交換する(還元率50%)
※20,000円以上からでないと交換ができません。
※20,000円以上であれば2000円単位で交換ができます

例)18,000円→ダメ 22,000円→OK
なので金額コース金額をしっかり見定めてポイント交換をしましょう。
※コースに該当する納税先のポイントに交換しないと利用できません。
C電話予約をする。
ポイント利用申請を先にしてはダメです
Dポイントの利用申請を行う
E確定申告、ワンストップにて控除の申請をします。

 

ちなみに私はCをせずにDをしてポイント利用のキャンセルをすることになりました。
ただサイトのお問合せフォームに連絡を入れることで、すぐキャンセルができました。

@会員登録をする。

f
上部のログインを押します。

 


無料会員登録を押し、必要項目を記入します。

 

以上で会員登録は完了です。

A行きたいレストランを探す。


次は先ほど登録したメールアドレス、パスワードを入力しログインを行います。

お店を探す をクリックし行きたいお店をさがします。

 

お店名はしっかり覚えておいてください。

Bコースに合わせて、寄付金をポイントに交換する


行きたいお店からどこに寄付をすればよいかを見つけます。
画像の場合は飛騨牛(岐阜県池田町)に寄付すればよいということが分かります。
右の飛騨牛、ポイントに寄付をクリックし、寄付を行います。
還元率は50%です・

 

※20,000円以上からでないと交換ができません。
※20,000円以上であれば2000円単位で交換ができます

例)18,000円→ダメ 22,000円→OK
なので金額コース金額をしっかり見定めてポイント交換をしましょう。
※コースに該当する納税先のポイントに交換しないと利用できません。

C電話予約をする。

A行きたいレストランを探す。 でみつけたレストランに対して電話予約をします。
ポイントを利用する前に必ず予約をしてください!

Dポイントの利用申請を行う


ポイントの利用申請を行います。

E確定申告、ワンストップにて控除の申請

証明書をもらい控除の申請を行います。
まだ実践していないので後程記述いたしますが、おそらくさとふるの時と同様と思われます。
ふるさと納税のやり方(さとふる編)